検索

嘉納治五郎師範、我孫子へ帰る




今月、千葉県我孫子市の天神山緑地への嘉納治五郎像の設置が完了しました。


設置された天神山緑地とは、世界の柔道、そして日本のオリンピック誘致に大いに貢献された嘉納治五郎師範が晩年を過ごした別荘跡地なのです。


現在は手賀沼を一望できる天神山緑地として、市民の皆様に愛されている場所でもあります。


嘉納治五郎師範が眺めていたであろう手賀沼の景色を一望できるようにと、銅像は沼を眺めるように公園中央に建立されました。


実は今回の銅像は、我孫子の文化を守る会が発起人となり、市民やご賛同いただいた方から寄付を募っての銅像建立プロジェクトでした。


私たちも鋳造という形で参加でき、大変貴重な経験をさせていただきました。


このような大変な時期の建立とあって、予定されていた除幕式は中止になってしまいましたが、ぜひたくさんの方に見ていただけると嬉しいです。


今回の銅像建立プロジェクトは新聞にも取り上げられているようです。

トピックスでご紹介していますので、よかったらご覧ください。




52回の閲覧

最新記事

すべて表示